2018年10月12日

経費

お金の話
この技術研究会を開催するとしていくらくらいかかるんでしょうか?

1)会場費
2)印刷費(配布資料、案内看板)
3)工具・材料費
4)その他

九工大で行なっている機械・工作技術セミナーの予算は5万円(2017)、7万円(2018)です。
そのうちマイスター招聘費が2万円(2017/1名)、4万円(2018/2名)となっています。
工具・材料費が2万円、その他消耗品などに1万円となっています。

どう言った講習内容にするかで増減はあると思います。
各地でマイスター講習は難しいので他の形になると思います。
そうなるとマイスター招聘費は必要なくなります。それに伴い工具・材料費も不要となります。
見えない形での消耗品や備品・設備の持ち出しもありますが、実質1万円から2万円程度で開催できるのではと考えています。
これらの経費は、参加者一人あたり500〜1000円程度の参加費を負担してもらえば賄えると思います。

お金はいくらでもかけられるでしょうが、最低限にする方法もあるのではと考えています。
例えば、
印刷費の削減のため、資料はウェブ上に置いて各自でダウンロードしてもらい、必要な人は印刷してもらう。
名札ケースや看板の使い回し。初年度に準備したものを数年使い続ける。
などなど。。。

  


Posted by iso at 18:00Comments(0)総務